コーキングとは?

2023/12/12 ブログ

こんにちは!

株式会社HIMAWARIです🌻

今日の町田市の気温は18℃☔

 

 

皆さんは「コーキング」というものをご存知ですか?

コーキングは建物において目地剤などで隙間を防ぐ作業を言い、気密性や防水性を高めることを目的としています。

 

 

そのコーキングの施工方法に「打ち替え」「増し打ち」の2種類の方法があります。

そこで今回はコーキングの打ち替えと増し打ちのそれぞれについてご紹介させていただきます。

 

 

 

1. コーキングの打ち替えと増し打ちのちがい

 

コーキングの打ち替えは古くなったコーキングを剥がしてから新たにコーキングを充填するという方法です。

 

コーキングの厚みを確保することができ、耐久性が上昇するというメリットがあります。

そして増し打ちでは古くなったコーキングを残して、その上に新たにコーキングを打設するという方法です。

 

 

傷んでいる部分などは剥がせる範囲で剥がします。増し打ちはコストをおさえる事ができる

というメリットがあります。

では、打ち替えと増し打ちのそれぞれについて手順をご紹介させていただきます。

 

 

打ち替えの手順

 

1. 既存のコーキングを剥がす

2. 充填箇所の清掃

3. 養生

4. プライマーの下塗り

5. コーキングの充填

6. ヘラ押しでの仕上げ

7. 養生を剥がす

 

以上の手順で打ち替えは行われます。

 

 

 

増し打ちの手順

 

1. 充填箇所の清掃

2. 養生

3. プライマーの下塗り

4. コーキングの充填

5. ヘラ押しでの仕上げ

6. 養生を剥がす

 

以上の手順で増し打ちは行われます。

 

 

 

2. コーキングが実際に打たれている部分

 

一体お家のどの部分にコーキングは使用されているのでしょうか。

ここではコーキングが施工されている場所についてご紹介させていただきます。

コーキングが施工されている場所はを以下にまとめてみたのでぜひご覧ください。

 

・サイディングなどの目地

・窓や玄関などの開口部

・ベランダ笠木

・配管引き込み部

 

などが挙げられます。

コーキングはどうしても経年劣化が生じてしまいます。劣化が進行するとひび割れや破断などの症状が現れてきます。

 

コーキングの役割としては防水性と気密性を高めることです。

劣化によりその役割を果たすことができなくなってしまい、水の侵入口となってしまいます。

そうならないためにもコーキングが古くなっていたらできるだけ早期にメンテナンスを行うようにしましょう。

 

 

3. 打ち替えと増し打ちどちらのほうが良いの?

 

打ち替えと増し打ちのどちらがおすすめかと言われるとコーキングの厚みを確保することができる打ち替えの方が望ましいです。

 

 

しかし、お家の状態によっては増し打ちのほうが望ましいことがあります。

そのため、一概にこちらの方が良いと言うのはなく、それぞれのお家に適したメンテナンスを行うというのが理想です。

 

 

例えば窓はしっかりと気密性が保たれていないと水が侵入してきてしまいます。

このような部分で無理にコーキングを剥がしてしまうと水の侵入口を作ってしまうことになります。

そのため増し打ちを採用することがあります。

 

 

このように状況に応じて適した工法を選択していくことが最も重要と言えるでしょう。

 

ここまで打ち替えと増し打ちについてご紹介してきましたが、どの工法が適しているのかは実際に現場を見てみないと判断することができません。

 

 

そのため建物の状態をまたっく見てもいないのに工事の提案をしてくるような業者には注意するようにしましょう。

 

適切な工事を行わないとまたすぐに工事が必要となってしまったり、本来必要な工事が放置されてしまう危険性もあります。

 

 

そうならないためにもしっかりと事前に建物診断をしてくれ、適切なプランを提案してくれるような業者に依頼するようにしましょう。

 

 

打ち替え・増し打ちの2種類についてご紹介させていただきましたが、双方それぞれメリットとデメリットが存在しています。

 

 

お家の現状を見極めて適切な工法を選択することがとても大切なので信頼できる業者にぜひ依頼するようにしましょう。

 

 

株式会社HIMAWARI🌻では

お客様のご要望をお聞きしお客様のご希望にそったプランをご提案させて頂きます。

 

お見積り、現地調査無料ですので是非お気軽にご相談ください🎶

 

 

町田市のリフォーム・外壁塗装・内装工事施工事例のご紹介も多数ございます!

 

是非 株式会社HIMAWARIに

お任せくださいませ!