屋根塗装はDIY可能?メリットデメリット

2023/06/23 ブログ

こんにちは!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

屋根塗装について屋根に登って塗料を塗るだけでできるのでDIYでも可能なのではないか?と考える方もいらっしゃると思います。

 

 

1. 屋根塗装の手順

 

屋根塗装を行うにあたってその手順についてまず最初にご紹介いたします。

 

(1)足場の設置

 

(2)屋根の下処理

 

(3)下塗り

 

(4)中塗り

 

(5)上塗り

 

(6)足場の解体

 

と屋根塗装は主にこの6つの工程で行われます。

 

 

外壁塗装を行う際にも足場の設置は必要となるので外壁塗装と屋根塗装は同時に行われることが多いです。

 

 

 

2. 屋根塗装をDIYで行うメリット

 

屋根塗装をDIYで行うメリットはやはり費用面でしょう。

屋根塗装を業者に依頼するのとDIYで行うのでは大きく差が出ます。

 

しかし仕上がりやDIYをする時間などを考えるとそこまで大きなメリットとは言えないでしょう。

 

 

3. 屋根塗装をDIYで行うデメリット

 

最も大きなデメリットと言えるのは安全面でしょう。

足場は業者に設置してしてもらったにしても屋根の上に登って作業を行うのはとても危険です。

 

作業に集中していて落下事故が発生してしまうことも考えられます。

さらに慣れない塗装作業を行うためどうしてもプロより作業時間が長くなってしまいます。

 

 

そして塗装したもののムラが生じてしまったり乾燥時間を守りきれていないことなどによって耐久性が低くなってしまう可能性もあります。

 

 

このようなデメリットを考えるとどうしても屋根のDIYをしてみたい!などの理由がなく、費用の点からDIYを選択しようとしている方は専門の業者に一度ご相談してみてください。

 

 

4. 屋根塗装をDIYすることで生じやすいトラブルについて

 

 

ここでは屋根塗装をDIYで行うことで起こりやすいトラブルについてご紹介いたします。

トラブルを事前に知っておくことで未然に防ぐこともできるのでぜひチェックしてみてください。

 

 

塗料が隣の家に飛散してしまう

屋根に登って作業をしていると隣の家に塗料が飛散してしまう可能性があります。

 

 

隣の家の外壁や屋根、植木や洗濯物などに塗料が付着するとと賠償金を請求されてしまうこともあり得ます。

また風が吹くとどうしても塗料が飛び散りやすくなってしまうので注意が必要です。

 

 

悪臭

塗装に使用する塗料は匂いが少ないものだとしても悪臭を放ちます。

 

対策としては匂いの少ない水性塗料という塗料を用いたり、事前に近隣に挨拶回りをするなどをするとクレームに繋がりにくくなるでしょう。

 

 

 

屋根塗装をDIYで行うのは安全面から非常に危険です。

またDIYを行なった方の中には「DIY後、雨漏りしやすくなってしまった」や「塗装がすぐに剥がれてしまった」

 

という事例も実際に発生しています。

安全にかつ長期的なコストパフォーマンスよく屋根塗装を行うにはぜひ業者に一度ご相談してみてください。

 

 

 

株式会社HIMAWARI🌻では

お客様のご要望をお聞きしお客様のご希望にそったプランをご提案させて頂きます。

 

お見積り、現地調査無料ですので是非お気軽にご相談ください🎶

 

 

町田市のリフォーム・外壁塗装・内装工事施工事例のご紹介も多数ございます!

 

是非 株式会社HIMAWARIに

お任せくださいませ!