タッチアップとは⁇

2023/04/14 ブログ

こんにちは!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

タッチアップとはどういうものなのか、本当に必要なのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は外壁塗装におけるタッチアップについてご紹介いたします。

 

 

1. 外壁塗装のタッチアップとは?

 

外壁塗装でのタッチアップとは、仕上げの塗装が終わった後に行う完工検査などでキズや塗り残しが発見する場合があります。

 

 

その際にキズや塗り残しに違和感が残らないように最後に塗装をする処理のことをタッチアップと言います。

 

また、その他にも外壁の色と釘の色が大きく異る際に釘を周囲の色と同じ色に塗装して、目立たないようにする処理も同様にタッチアップと言います。

 

2. タッチアップの目的

タッチアップの目的は見た目をよくするのはもちろんなのですが、その他にも外壁をより長持ちさせるといった働きもあります。

 

タッチアップが必要な部分というのは塗装が不十分な部分です。

 

劣化は紫外線や雨風によってより塗装の弱い部分から進行してしまいます。

 

 

弱い部分から徐々に周囲に進行していき、全体を劣化させてしまうのです。

 

そのためタッチアップをしっかりと行うことで外壁にある弱点を減らすことができ、結果として外壁をより長持ちさせる事ができます。

 

 

3. タッチアップの種類について

タッチアップは大きく

・部分的なタッチアップ

・釘を隠すタッチアップ

の2種類に分けることができます。

 

① 部分的なタッチアップ

 

外壁の一部分に汚れやキズがあるが、全体を塗り替えるほどでもないという場合には部分的にタッチアップを行うことがあります。

 

今ある損傷を目立たせにくくするための塗装ですので、周囲の外壁と同様の色味にするのはもちろん、あえて少し汚れを残して一部分だけ塗装をしたのを分かりづらくすることもあります。

 

部分的にしか補修を行わないので費用も時間もあまりかからないというのが特徴です。

 

 

② 釘を隠すタッチアップ

 

外壁から釘の存在が浮かないようにするために釘を隠すタッチアップを行います。

 

外壁に打ち込まれた釘はどうしても凹凸があるため、目立ちやすく塗装が早く取れてしまいがちです。

 

そのためある程度の期間を経てから再塗装を行う場合もあります。

 

 

外壁の劣化は塗装が不十分な部分から順番に進行していきます。

少しでも違和感や不安を抱いた場合には業者に尋ねるようにしましょう。

 

株式会社HIMAWARI🌻では

お客様のご要望をお聞きしお客様のご希望にそったプランをご提案させて頂きます。

 

お見積り、現地調査無料ですので是非お気軽にご相談ください🎶

 

 

町田市のリフォーム・外壁塗装・内装工事施工事例のご紹介も多数ございます!

 

是非 株式会社HIMAWARIに

お任せくださいませ!