遮熱塗料とは?

2022/07/29 ブログ

こんにちは!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

今日の町田はとても暑いです🌞💦

少しでも涼しく快適にすごしたいな~

ということで本日は

遮熱塗料

という塗料のご紹介です。

遮熱塗料とは、

太陽光を反射する効果を持つ

塗料のことです。

 

遮熱塗料を塗布した屋根や外壁は

太陽光を反射するため、

室内の温度上昇を抑制する効果

期待ができます。

遮熱塗料はその性能から省エネ商品として

国に推奨されており、自治体によっては

遮熱塗料での塗装に補助金がおります。

遮熱塗料の耐久年数

 

遮熱塗料の耐久年数は、

おおよそ8年~12年ほどです。

一般的なシリコン塗料と

ほぼ同等の耐久年数と言えるでしょう。

遮熱塗料の効果はどのくらいあるのか

疑問に思いますよね!

環境省の調査によると…

(日本ペイント サーモアイSi使用時)

 

遮熱塗料で室温は何度下がる?

⇓⇓⇓

屋根に遮熱塗料を塗布した場合、

夏の室温を1.8度ほど抑制することが

出来るという事です。

また、体感温度では2.0度抑制することに

成功しています。

遮熱塗料で

屋根の表面温度は何度さがる?

⇓⇓⇓

遮熱塗料を塗布することにより

夏場の屋根の表面温度を

7.8度~7.3度ほど抑制できることが

環境省の実験結果から分かっています。

遮熱塗料で電気代は安くなる?

⇓⇓⇓

遮熱塗料で室温の上昇を抑えることで

エアコンの使用量を

10%~20%ほど削減することができるため、

節電・省エネにつながり電気代もおさえられます。

その他、メリットとしましては、

屋根材・外壁材は熱の作用を受けることで

劣化が進み、耐久年数が

短くなると言われていますが

遮熱塗料は表面温度の上昇を

抑制する効果によって熱の作用を軽減し、

建材へのダメージも減らすことができます。

しかしながら、

屋根材や外壁材は様々な条件で劣化は進み

徐々に劣化していきますので

あくまでも、大切な建物を守っていく

一つの手段として考えてください。

デメリットについて

⇓⇓⇓

①一般的なシリコンよりも若干コストがかかる

②塗膜そのものの耐久性が高いわけではない

③劣化すると遮熱塗料が落ちる

④断熱効果はない

メリットもあれば、デメリットもあるので

きちんと専門の業者さんに相談して

大切なお家に合う塗料選びが必要です🏠

本日は遮熱塗料について

簡単にご紹介させて頂きました!

ここまでお読み頂き

ありがとうございました😊

 

株式会社HIMAWARIでは

いつでもお見積り、ご相談無料ですので

お気軽にお問合せ下さい🌻♪