今日は七夕です🎋

2021/07/07 ブログ

 

 

 

 

 

 

こんにちわ!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

 

 

今日は7月7日「七夕」ということで

「七夕について」お話します🎋😌

 

 

七夕は織姫さまと彦星さまが

天の川を渡って、1年に1度だけ出会える

というエピソードが有名ですね♪

 

 

もともとは中国の「七夕伝説」の内容から

日本にはいってきたといわれています。

 

 

織女は「天帝」という神の娘。

神々の着物を織るのが仕事で

恋人も作らず、働く姿をみた天帝は

天の川の対岸に暮らすまじめな牛飼い

「牽牛」を引き合わせました。

やがて二人は結婚します。

 

そのあと、二人は働かず

遊び呆けるばかりで

神々の着物はボロボロになってしまい

牛は病気になってしまいます。

 

怒った天帝は、二人を天の川の対岸に

引き離してしまい、

年に1度だけあることが許されたというお話です。

 

 

 

このエピソードが日本に伝わったのは

奈良時代といわれています。

 

乞巧奠という行事が宮中で行われ

星を眺めたり、詩歌を楽しんだりしていたそうです。

 

 

江戸時代には、「七夕の節句」として

五節句の一つに数えられ、

庶民の間にも広まっていったと

いわれています。

 

 

奈良・平安時代では

今のように短冊ではなく

「梶の葉」や「里芋の葉の露」

歌を書いていたりしたそうです。

 

 

梶の葉は一枚が手のひらサイズほど大きいので

紙が貴重な時代だったため

大きく字の書きやすい「梶の葉」は

重宝されていたのかもしれません。

 

ちなみに里芋の葉の露を使うのは

それが天の川のしずくと考えられていたそうです。

 

 

願い事を短冊にかいて笹竹につるすようになったのは

江戸時代からのようで

手習い事や寺小屋で学ぶ子が増えたことから

星に上達を願うようになったのです。

 

 

 

意外と知られていない七夕の由来ですが

いろいろな話が重なって今の七夕があうようですね。

 

 

七夕の日にはそうめんを食べたりなど

七夕メニューも多く存在します🎋🍚

 

 

 

短冊に願い事を書いて

素敵な一年になりますように!✰