付帯部とは?

2021/06/17 ブログ
logo

こんにちわ!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

今回は「付帯部」について

お話していきます。

 

そもそも付帯部とは?

大まかに壁面と屋根以外

細かい所の事をいいます。

具体的には軒天、破風板、鼻隠し

雨樋、換気フード、ポスト、庇

水切りがあります。

 

まず軒天とは

軒下から真上を見たときにある

天井のことをいいます。

外からは見えずらいので美観が目的ではなく

劣化を防ぐための目的で行うことが多いです。

軒天は雨水や湿気がたまりやすい場所なので

劣化が進むとシミや色あせではなく

カビやコケといった症状がでてきますので

外壁塗装の際に合わせて

塗ることをお勧めします。

 

雨樋は屋根から流れる雨水をためて

地面や下水に誘導するための設備です。

雨樋は外からよくみえるので

外壁塗装だけをした場合に

雨樋の汚れが目立ってしまいます。

美観を保つためにも、外壁塗装と一緒に

雨樋の塗装もするといいでしょう。

 

破風板・鼻隠しは屋根のすぐ下部分の

ことをいいますが

雨樋がついている部分は鼻隠しといいます。

屋根の先端を守る役割をしていますので

雨や紫外線を浴びて

最も痛みやすい部分です。

破風板にシーリングがされている場合は

シーリングの劣化もあわせて

チェックしましょう。

建物を守るためにも

しっかりと塗装をしておかなければならない場所です。

 

付帯部は必ずしも

すぐに塗装をしないと家がだめになる

というわけではありません。

ですがなぜ付帯塗装をしたほうがいいのでしょうか。

 

付帯部は、素材が木製や鉄製

塩化ビニール製など様々ですが

塗装することで家の寿命を

延ばすことにつながります

付帯部は太陽光や紫外線や、熱、雨などで

劣化していってしまいます。

耐久性、耐食性を考えると

新しいものに交換することが一番ですが

高額な費用がかかってしまいます。

反りや破断してしまうと、

交換が必要になってきてしまいますが

塗装し直すことによって

安価で済み、長持ちさせることができます。

 

また外壁や屋根だけ塗装して

綺麗にすると、付帯部の傷みがどうしても

目についてしまいます。

建物の美観を保つためにも

外壁塗装と一緒に付帯部塗装を

することをおすすめします。

 

 

付帯部を塗装するにあたって

注意しなければいけないことがあります。

 

まず一つは

必ず素材にあった塗料で塗装することです。

アルミや樹脂、銅板などの

塗装しないほうがいい素材や

塩ビ銅板などの塗料選定に

注意が必要な素材もあります。

 

もうひとつは色のバランスです。

付帯部は細かい部分ではありますが

家全体の印象を変えることができます。

あまり色を使いすぎると

まとまりのない印象になってしまうので

使用する色は家全体で

3色~4色程度で選ぶようにしましょう。