外壁の塗り替えに最適な時期とは?

2021/06/17 ブログ

こんにちわ!

株式会社HIMAWARIです🌻

 

今回は

「外壁の塗り替え最適な時期」

についてお話したいと思います!

 

 

外壁塗装といっても

「汚れは気になるけどまだ大丈夫かな」

などと考えている方も多いと思いますが

外壁塗装をすることで見た目だけでなく

様々なメリットがあります。

 

まずは「建物の美化を保つことができる」

ということです。

外壁塗装ときいて一番に

思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

外壁は毎日、風雨や紫外線にさらされているため

色あせや塗膜の汚れ・劣化などが

みられてきます。

外壁塗装をすることで、劣化していた

外壁塗膜を綺麗にすることができ

新築のような輝きを取り戻すことができます。

また新築時とは違ったデザインや

色合いにもできるので

イメージもガラッと変えることもできます。

 

二つ目は、外壁を保護するためです。

塗料を塗り、塗膜をつくることで

劣化した外壁を雨風や紫外線から

守ってくれるようになります。

定期的なメンテナンスを行い

建物の耐久性を高めることで

劣化の原因から大切なお家を

守ることができます。

 

見た目だけではなく

お家を守るためにも大切な外壁塗装ですが

現在、日本の住宅の約8割を占めるといわれている

外壁材が窯業系サイディングボード

その主成分はセメントのため

もともと防水性能はまったくありません。

 

そのため工場出荷時に塗装を行い

防水性を持たせていますが

その防水性能も5~7年

切れてしまうといわれています。

その他の外壁材もほとんどが

同様の年数で防水性が

きれてしまうため、外壁塗装行う

目安としては「築10年で1回」

といわれています。

 

色あせチョーキング塗膜の膨れや、

剥離など劣化のサインは様々です。

 

そんな外壁塗装をする際

季節なども関係があるのはご存じでしょうか?

 

外壁塗装に適した時期となると

気温が一定以上で空気が乾燥している季節が

望ましいといわれています。

とはいえ、どの時期でも施工は可能です。

その時期により、

メリットデメリットがあるので

そちらをお話していきます。

 

まずは気温も湿度も安定しているため、

比較的施工はしやすいといわれています。

ですが春雨前線により

雨になる可能性もあります。

 

梅雨の時期は業者の予約も取りやすく

価格も安価になります。ですが

その理由として、梅雨の時期なので

雨の日が多く、施工期間が

伸びてしまう可能性があるからです。

 

は晴れの日が増えますが

台風やゲリラ豪雨も通過する可能性もあり

塗装工事中は窓をあけられないため

エアコンが必須となってしまいます。

 

は春と同様、気温も湿度も

安定しているため

施工がしやすい時期になります。

 

は気温、湿度が低くなりやすく

気温も5℃以下になってしまうと

施工ができなくなってしまったり

凍結や降雪の可能性があるので

施工期間が延びてしまう可能性が

あります。

 

 

一年間を通してやはり人気なのは

 になります!

多くの方が不安定な季節は

施工を避けたいと考えられているようです。

 

もちろん他の時期い行うことで

費用を抑えられたりなどメリットもあるので

大切なお家のために

自分がベストだと思える時期に

外壁塗装を行いましょう。

 

 

株式会社HIMAWARIでは

外壁塗装をはじめ、屋根塗装など

大切なお家のため、満足していただけるように

作業させていただきますので

是非ご気軽にお問い合わせください♩

もちろん無料のお見積りだけでも大丈夫です!